研究・開発体制

"確かな技術でこれまでにない製品づくりにこだわる”
地域環境保護をベースに、多彩な研究開発活動を展開中です。

神戸合成ではいま求められている自然環境に対する配慮や安全性をベースに、あらゆる角度から製品の高性能化を追求しています。技術のジャンプアップは主にコート剤、洗浄剤、塗料、潤滑剤、防錆剤の5分野。 たゆまぬ情報収集、そしてニーズを具現化する顧客満足に徹した研究・開発力で、付加価値の高い製品をご提供しています。
研究
Research | 研究
製造業を担う一企業として、より良い製品を提供するだけでなく、 事業活動に伴う環境負荷低減のため、積極的に環境保全活動に取り組むことが重要な使命だと考えています。 このため、大気汚染物質、水質汚濁物質および産業廃棄物の削減に向けて継続的な研究活動を行っています。
開発
Development | 開発
人が人のために「こうすればきっと喜んでくれるだろう」と思いやってはじめて、良いモノはできあがる。耐久性の非常に高い特殊ポリマータイプのコート剤開発をはじめ、高性能化・多機能化をコンセプトとした様々な製品開発を行っています。
検査
Inspection | 検査
お客様に真に喜ばれる製品は優れた検査機器なくして語れません。有機化合物(特に低分子量成分)の定性・定量を目的としたガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)や多様な分析を可能にしたフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)など、最新のテクノロジーを駆使した製品づくりに取り組んでいます。